塾で効率よく勉強しよう

塾の情報が満載!

日本史や歴史が苦手な中学生は塾の授業を受けてみよう

日本史や歴史が苦手な中学生は塾の授業を受けてみよう 塾に通う生徒は成績を上げることはもちろんですが、そのために苦手科目を無くしたいという思いで通っていることがほとんどだと思います。
中学生は高校受験を控えているため塾に通う生徒も非常に多いと思いますが、日本史が苦手だという生徒は多いでしょう。
どうしても暗記科目のように感じられてしまいがちな科目ですし、興味が無ければ暗記すら非常に苦痛に感じるはずです。
そこで塾ではそのような生徒のために、歴史の裏話や雑学を授業の中で取り入れることが多いと言えます。
そうすることで、それまで退屈で興味も無かった日本史が非常に面白く感じられるはずです。
歴史の流れもつかむことが出来れば無理に暗記する必要も無くなりますし、何より興味を持つことでどんどん自発的に知識を吸収していくことが出来るでしょう。
塾では学校では教えて貰うことが出来ないような事柄まで深く教えてくれますので、苦手意識を持っている人にこそ非常にお勧めだと言えます。

中学生の歴史で出てくる年表は塾と家庭で克服を

中学生の歴史で出てくる年表は塾と家庭で克服を 中学生の社会科の勉強では歴史の年表がありますが、これは中学受験でも出題されます。
覚えるだけであれば本人の覚えやすいように暗記させるのが一番です。
語呂合わせでも、歌に合わせて覚える方法でもとにかく覚えられれば問題ありません。
覚え方が分からない場合は塾で教えてもらいましょう。
受験対応のためであれば、実は年号を暗記すればそれでいいというわけにはいきません。
歴史の流れや背景がわかるようにしなければ、解くことのできない問題もでてくるからです。
また、どこまで覚えればいいのかわからないという場合もあるので、出題傾向は塾で掴んでおく必要もあります。
苦手だと感じるようだったら、テレビや漫画などを通じて覚えさせるという手も使ってみてください。
漫画は学校や地域の図書館にも置いていますし、テレビはよくNHKの番組で放送されています。
親も一緒になって見て理解が難しいところは説明してあげると子どもも楽しく学ぶことができます。

Copyright (C) 2018 塾で効率よく勉強しよう. All Rights Reserved.