塾で効率よく勉強しよう

中学生の公民の経済は難問

中学生の公民の経済は難問

中学生の公民の経済は難問 公民の科目の中でも経済があまり得意ではない中学生は大勢います。地理や歴史に比べて身近なジャンルではないためです。難しい漢字の用語が多かったり、中学生の生活に直接関係がないキーワードが多いのも理由となります。経済の仕組みは大人でも理解していないのが実情であり、子どもに宿題やテストの事で質問された時、正しく教えられない保護者も珍しくはないようです。

息子や娘が公民を苦手に思っているようであれば塾に通わせてみるのも良いかもしれません。塾なら難しい分野も専門の先生が学校以上に分かりやすく教えてくれます。為替相場や独占禁止法、日本銀行の仕組みなどは親の方が分かっていたとしても、正しく説明できないのが普通です。

公正取引委員会の役割や日銀の独立性についてなど、複雑すぎるテーマも塾講師なら最新の試験対策や時事情報を交えながら、子供たちに教えてくれます。社会科の科目の難易度が高いところは時代と共に用語や意味が変わる事もあり、年配の学校の先生が教えると試験対策にならない場合が多々あります。

塾で中学生に公民の憲法を教えるときのポイントは?

塾で中学生に公民の憲法を教えるときのポイントは? 暗記が多い社会科の中でも、内容が難しいことから苦手とする生徒が多い公民。苦手だからこそ、塾で克服しようと生徒たちが集まってきます。憲法は中学生には全然なじみのないイメージですが、誰にでも関係のあるものだと教えることから始めると効果的です。色々な権利があるため、身近な例を挙げて説明すれば興味を持つことができるかもしれません。

よく出てくる条文はだいたい決まっているので、先生のほうで先に確認しておきます。ただ暗記するだけでは嫌になるので、分からない言葉の説明をしながら条文が覚えられるようにしましょう。塾に来たら授業の最初に条文を覚えているかどうか、チェックすることがポイントです。一度覚えて終わるのではなく、次に来たら前回の復習をしてから授業をスタートします。繰り返すことで記憶の中に定着するため、最初に条文をチェックすることを習慣にすると良いでしょう。

先生もしっかり覚えておく必要があり、言葉の意味に関しては簡単に説明できるようにしておくことが大切です。

Copyright (C) 2018 塾で効率よく勉強しよう. All Rights Reserved.