塾で効率よく勉強しよう

地理は地域別に特徴をおさえる

地理は地域別に特徴をおさえる

地理は地域別に特徴をおさえる 中学生になると、それまでの小学校生活とは学校の雰囲気が大きく変わります。
制服を着るようになったり、部活の人間関係が厳しくなったりするだけではありません。
定期テストがあるので、学習面が一番大きく変化するはずです。
小学生のときに社会科が苦手だった生徒は、中学生になっても苦手意識が抜けない可能性が高いでしょう。

地理を教えることになったら、暗記に徹するのではなく、塾だからこそできる「ユニークな授業」をしてみることがポイントです。
生徒が少なかったり1対1で勉強することが多かったりするので、世界や日本の地域に興味を持ってもらえるように、自分自身が行ったことのある場所の写真を用意しておくと面白いかもしれません。
人間が写っていると生徒の興味が逸れてしまうので、景色だけの写真を選んで現地の様子を話すことで、その地域がより身近に思えてきます。

まるで現地にいるような感覚で学習すると、旅行でもしているに楽しく覚えることができるでしょう。
特徴をつかみやすくするため、教える側が見たり聞いたりした内容も合わせて教えると良いです。
少人数である塾の特徴を活用して、嫌いだった教科が好きになれる工夫をすることがポイントです。

日本の地理に不安を感じる中学生は学習塾に通ってみるのが良いです

日本の地理に不安を感じる中学生は学習塾に通ってみるのが良いです 中学生の社会は歴史と地理に大別されます。
カリキュラムの内容は通学する学校によってピンキリですが、基本的にこの二つの分野はどの学校も力を入れて指導されています。
歴史がメインになるカリキュラムもあり、その他の分野はあまり多くの時間があてられないケースが出てきました。

生徒本人にやる気があっても、公立中学校の場合、学校の都合でアンバランスな社会科の授業になる事がしばしばあります。
高校受験を控えているのに、肝心の地理の基礎が学べていない、そんな心配を募らせる中学生もいるかもしれません。

学校の授業に不安を感じたら塾に通うのが一番です。
最近の学習塾は臨機応変なサービスになっており、例えば社会科の科目だけ受講する、あるいは受験の前だけ受ける、といった使い方が出来ます。
日本史や世界史は完璧だが、日本の地名や世界遺産の名前などは苦手だ、という生徒は塾に通い、短期間で基礎をマスターしましょう。
自宅よりも塾講師にレッスンしてもらった方が効率よく学べます。

Copyright (C) 2018 塾で効率よく勉強しよう. All Rights Reserved.