塾で効率よく勉強しよう

塾の情報が満載!

塾で社会を中学生に教えるコツとポイントについて

塾で社会を中学生に教えるコツとポイントについて 塾の講師になる人は、多くの場合暗記力がありテスト週間にはノートやワークを丸暗記することで点数が取れると言われています。
いきなり塾で社会を教えることになった場合、丸暗記をすれば良い点が取れるという教え方をしても良いのか悩んでしまいます。
悩んだ末に塾長などに相談することになりますが、明確な答えをもらうことは少ないです。
なぜなら塾長などは実際に教えた経験がないに等しいからです。
中学生にわかりやすく教える方法としては、説明をするときのリズムに気をつけます。
単調に読み上げるよりも抑揚がありメリハリのある話しかたの方が同じことを聞いているとしても印象が全く違います。
通販のテレビ番組などでの話し方が良いお手本です。
彼らは人を惹きつけるような話し方をしています。
次に、テストに出やすい部分を段階分けにして説明します。
社会は覚えないといけない用語も多くそれが面倒だと思っている中学生も少なくありません。
経験が浅い講師になると、ほとんどの項目を重要なこととして説明しがちです。
中学生はさらに覚える気を失ってしないます。
従って、絶対に覚えておいて損はない項目をレベルに分けることが良いとされています。
大人でもそうですが一度きりの説明で全て覚えられるわけではないので重要な部分は何回も繰り返すことも重要です。

塾通いが増える中学生、社会の歴史分野では時代区分をまず最初に覚えよう

塾通いが増える中学生、社会の歴史分野では時代区分をまず最初に覚えよう 中学生になるとそれまでと勉強方法も変わってきます。
塾に通う生徒も増えてきます。
塾でも5教科それぞれの勉強のやり方を身に着けていきますが、社会の歴史分野ではまず時代区分の大枠を覚えていくことが重要となります。
長い歴史をもつ我が国の歴史にはそれぞれ時代区分に名前がついています。
約数十万年前から約1万年前は「旧石器時代」約1万年前からBC10世紀頃までは「縄文時代」BC10世紀から3世紀までは「弥生時代」3世紀から7世紀頃は「古墳時代」少し被りますが6世紀から710年までが「飛鳥時代」710年から794年まで「奈良時代」794年から1185年まで「平安時代」1185年から1333年が「鎌倉時代」1333年から1392年が「南北朝時代」1336年から1573年「室町時代」同時並行で1467年から1590年までが「戦国時代」1573年から1603年が「安土桃山時代」1603年から1867年が「江戸時代」1868年から1912年が「明治」1912年から1926年が「大正」1926年から1989年が「昭和」1989年から「平成」となっています。
これらの全体像をつかんでからそれぞれの時代の出来事を覚えていく方法が一番効率が良い勉強法だといえます。
歴史は暗記するだけでつまらないと思いがちですが自分と同じ人間が作り出してきたことの連続が今に続いています。
最も身近に感じ考えられる分野です。

塾に関するお役立ちリンク

平塚 塾

Copyright (C) 2018 塾で効率よく勉強しよう. All Rights Reserved.